- 官民共創が実現する地域の未来 -

官民が共に描く地域の未来

新・群馬県総合計画の3つのキーワードのひとつが「官民共創コミュニティ」です。
群馬県では、たくさんの官民共創コミュニティの芽を育てるため、令和3年度より官民で地域の未来について話し合う「未来共創ワークショップ」に取り組んでいます。

官(=県や市町村などの行政)と民(=地域住民や企業等)が、それぞれの立場を越え、共にテーブルを囲み、地域の想いや実情に寄り添いながら、地域の課題解決に取り組む。そんな関係を紡いでいくことを、このワークショップでは目指しています。

また、ワークショップの中では、行政職員が話し合いをサポートする役割(=ファシリテーター)を担います。ファシリテーター役の行政職員が、共創に必要な対話の場づくりのスキルと知識を習得する研修に参加することで、継続的に地域を支援できる体制づくりを行っています。

官民共創の「湯けむりモデル」

全国有数の温泉地である群馬県の官民共創コミュニティづくりを、私たちは「温泉発生の仕組み」になぞらえて表現しています。“多様な人々” が集まる豊かな「森」では、地域への“想い” がじわじわと地中に染み込み「地下水」となります。地下水は、熱源(NETSUGEN)である「マグマ」に“ワークショップ” を通じてふれることで、“想い”が温められ、地上に噴出します。これが、“官民共創の取組” である「温泉」です。温泉からは、“いい雰囲気”が立ち上ります(湯けむり(湯けむりフォーラム))。そして、湯けむりは、水蒸気、雲となり、また大地に雨として降り注ぎます。この循環を持続的に生み出し、「官民共創の取組(=温泉)」が県内各地に湧き出してくる、いわば、群馬県が「官民共創の“温泉郷”」 となる未来に向けて、取組を進めています。

エリア別の未来の姿

「未来共創ワークショップ」では、参加自治体が持ち寄った複数のテーマに分かれ、課題の構造を整理し、取り組むべき「問い」を立て、その問いに対して、解決するためのアイデアを出していきます。

令和3年度から県内各地で順次、ワークショップを開催しており、ワークショップの参加者からは、共創の場に参加する意義や共創の可能性について、さまざまな声が寄せられています。
そして、それぞれのエリアで温められた「想い」は、エリアごとの未来の姿として公表しています。公表にあたっては、「湯けむりモデル」になぞらえ、未来の姿を“温泉”として表現しています。

それぞれの“温泉”には、ワークショップの参加者が考えた取組のアイデアが詰め込まれています。これらは、実現を確約するものではありませんが、未来に向けて地域で温められた想いの種です。実現にはたくさんの力が必要です。未来の姿に共感いただける皆さんのご参加(入湯)をお待ちしています!!

参加者の声は、未来共創ワークショップのレポート記事
未来の姿が出来るまでのワークショップの詳細は、テーマごとの「課題の構造図」・「問い」・「未来の種」

官民共創で描いた地域の未来の姿湯けむり未来図鑑

甘楽富岡エリア

甘楽富岡エリアでは、50名の参加者がテーマごとに7チームに分かれ、ワークショップを行いました。扱ったテーマは、富岡市が「持続可能で環境に配慮した農林業」「移住の促進」「魅力ある観光地づくり」の3テーマ、甘楽町と下仁田町が「移住定住の促進~良質な住環境と空き家の活用~」、南牧村が「地域資源としての空き家の利活用」、そして共通テーマ「多世代が交流できる居場所づくり」の6テーマです。3回のワークショップから、「こんな未来があったらいいな」という未来の姿が湧き出てきました。

利根沼田エリア

利根沼田エリアでは、44名の参加者がテーマごとに6チームに分かれ、ワークショップを行いました。扱ったテーマは、沼田市が「免許返納が進んで自家用車が利用できない人が増える地域での移動手段確保」、片品村が「地域の資源を活かした住み続けたい村づくり~移住定住のために~」、川場村と昭和町が「移住者や関係人口を受け入れる素地づくり」、みなかみ町が「この地域の森林資源(=水資源)がもつ価値の再認識」の4テーマです。3回のワークショップから、「こんな未来があったらいいな」という未来の姿が湧き出てきました。

桐生みどりエリア

桐生みどりエリアでは、49名の参加者がテーマごとに7 チームに分かれ、ワークショップを行いました。扱ったテーマは、桐生市が「SDGsの理念を市民一人ひとりが自分ごとにするためにできること」、「コロナ禍での子どもの居場所づくりのあり方」の2テーマ、みどり市は「市民が主体となり地域内での連携が生まれる健康増進事業のあり方」、「森林の新たな価値の創出」、「移住定住対策のコロナ禍での効果的なPR」、「市民活動・地域活動の新たな担い手確保」の4テーマ、そして共通のテーマ「高齢者や家庭環境に恵まれない子どもたちのICTリテラシー向上」の7テーマです。3 回のワークショップから「こんな未来があったらいいな」という未来の姿が湧き出てきました。

CONTACTそれぞれの”湯”についての
お問い合わせ

みんなで描いた未来像の実現に向けて、進められるところから少しずつ前に進めています。それぞれの「湯」についての進捗状況は異なりますが、「参加してみたい」「何かできないかな」「自分の地域ではやらないの?」という想いがある方は、ぜひ事務局まで一度、電話、メール、フォームよりお問い合わせください。

群馬県 知事戦略部 戦略企画課 未来創生室

TEL:027-226-2313 
メール:senryakuka@pref.gunma.lg.jp

お問い合わせフォームへ